本文へスキップ

山上憶良短歌賞

目的

国庁が置かれた古代の倉吉は伯耆国の政治・経済・文化の中心地であり、新元号「令和」に関連して注目された
万葉歌人、山上憶良が国守として赴任しました。
憶良は万葉集に子や妻、家族への深い愛情を歌った作品を多く残しましたが、この憶良にちなみ、家族をテーマにした作品を広く募集します。
短歌をきっかけに家族と自分を振り返り、日常のさりげない風景や思い出、出来事などをあらためて見つめることで、
家族の大切さに気付く機会になればと考えています。
今年で第11回を迎える山上憶良短歌賞。全国から広くみなさまの作品を募集します。

 応募フォームはこちら
 応募フォームからの応募いただいた方に到着後確認メールを送ります。
 ※1週間経っても確認メールが届かない場合は、お手数ですがご連絡ください。

倉吉市教育委員会教育長あいさつ


第11回山上憶良短歌賞 募集 

【テーマ】家族
【受付期間】令和4年7月1日〜11月3日
【応募料】無料

【作品】自作未発表作でひとり一首に限る。
【応募部門】@小学生の部 A中学生の部
      B高校生の部 C一般の部
【応募方法】倉吉市立図書館へ郵送か持参する。
      または、下記メールフォームから応募する。
【賞】各部門 憶良賞1首、入選5首、佳作10首(表彰状と副賞を贈呈)
   学校賞1校(@・A・B部門のみ、表彰状を贈呈)
【選者】
・永田 和宏(JT生命誌研究館館長・京都大学名誉教授・京都産業大学教授・短歌結社「塔」前主宰・宮中歌会始詠進歌選者・朝日歌壇選者・角川短歌賞選考委員)
・池本 一郎(鳥取県歌人会顧問・短歌結社「塔」)
・倉益 敬(鳥取県歌人会顧問・短歌結社「短歌人」)
・多田 典子(短歌結社「国民文学」・はわい短歌会)
・岩垣 和久(倉吉文芸編集委員会事務局長)
・中本久美子(鳥取県歌人会副会長・短歌結社「塔」)

↑クリックするとPDFファイルが開きます。

▼第11回山上憶良短歌賞 チラシ
 裏面にハガキサイズの応募用紙があります。
A4サイズ応募用紙(Excel) 要項(PDF) 取りまとめ用紙(Excel)
 学校など団体で応募される場合はこちらの様式が便利です。
 ※一般の部に応募される方は、応募用紙に都道府県だけでなく、お住まいの市区町村もご記入ください。

第10回山上憶良短歌賞 決定 

令和3年度
第10回山上憶良短歌賞受賞作品一覧

過去受賞作

令和2年度
第9回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
令和元年度
第8回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成30年度
第7回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成29年度
第6回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成28年度
第5回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成27年度
第4回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成26年度
第3回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成25年度
第2回山上憶良短歌賞受賞作品一覧
平成24年度
第1回山上憶良短歌賞受賞作品一覧

倉吉市立図書館

〒682-0816
鳥取県倉吉市駄経寺町187-1
TEL 0858-47-1183
FAX 0858-47-1180
E-mail library@city.kurayoshi.lg.jp