利用案内

ようこそ倉吉市立図書館へ

開館時間・休館日

開館時間
午前9時 ~ 午後6時
休館日
毎週月曜日/祝日の翌日/毎月最終木曜日(休日と重なる場合はその前日)
年末年始/特別資料整理期間

はじめて本を借りるには?

「図書館利用者カード」が必要です。
申込書に必要事項を記入して、住所・氏名が確認できるもの(免許証など)をそえて、カウンターへお出しください。カードはすぐにお作りいたします。
※カードをなくしたり、住所・電話番号が変わったときは、カウンターへお届けください。

本を借りるには?

借りたい本とカードをカウンターにお出しください。

  • 本・雑誌:ひとり10冊まで 貸出期間2週間
  • CD・カセット:ひとり2点まで 貸出期間2週間

本・雑誌が返却期限までに読みきれないとき

返却期限内に連絡していただくと、その資料に予約が入っていなければ、1回に限りさらに2週間借りられます。

長期延滞者は、貸出を一時停止させていただきます

30日以上延滞すると図書館の本が借りられなくなります。
みなさんに気持ちよく図書館を利用していただくために、ご協力をお願いします。

本を返すには?

開館時は、カウンターへお持ちください。カードはいりません。
図書館が閉まっている時は、各館の「返却ポスト」をご利用ください。ただし、CD・カセットは破損のおそれがあるため、ブックポストの利用はご遠慮ください。

図書館の上手な利用法

本を探すときは

図書館内にある検索用コンピュータで、資料の有無や場所を調べることができます。
また、自宅のパソコンや携帯電話を利用して、インターネットのホームページから検索することもできます。

探している本がみつからないとき・貸出中のとき

貸出中の場合

図書館内の検索用コンピュータや、インターネットのホームページから予約をかけることができます。本が準備できしだい電話やメールでご連絡します。

当館に本がない場合

リクエスト(よやく)カードに書いてお申し込みください。購入したり、他の図書館から借りて、できる限りご要望にお応えします。
また、ホームページの本についてのお問合せからも申込むことができます。

たずねる(レファレンス)

日常生活や調査研究上の疑問は、窓口や電話、メールでお気軽にお問合せください。資料や情報を提供します。

コピーサービス

図書館資料は、著作権法および当館規定の範囲内でコピーできます。調査研究で必要な場合、1人1部のみになります。カウンターへお申込ください。コピーは有料です。

※「著作権法」とは
著作者は、著作物に対して様々な権利を持っています。それらの権利の保護や著作物の利用について定めた法律です。

マイページを活用する

図書館ホームページ上で現在の貸出・予約状況の確認ができます。パスワードの変更や、連絡用メールアドレスの変更もできます。

マイページを見る

各種サービス

おはなしかいを開催しています

定期的に館内で絵本の読み聞かせを行っています。
0歳児と保護者を対象とした「あかちゃんのおはなしかい」、子どもを対象とした「おはなしかい」「「むかし話をきく会」があります。

おはなしかいの詳細はこちら

おでかけおはなし隊が出張します

市内の学校・保育園などの団体へ図書館員が出かけていき、おはなしや、絵本の読み聞かせを行っています。
絵本の内容などのご要望にも応じますので、図書館までお気軽にご相談ください。

団体貸出も行っています

市内の学校や地域団体などには、団体貸出を行っています。
1団体100冊まで、1ヶ月間貸出いたします。
ただし、市内小・中学校は1団体200冊まで、2ヶ月間貸出いたします。
詳しくはカウンターへお問い合わせ下さい。

図書館の利用にしょうがいのある方へ

どのようなことでも、お気軽にご相談ください。職員がお手伝いします。

目のご不自由な方へ

点字図書、録音図書貸出をしています。郵送での貸出しも利用できますので、希望される方は、職員にご相談ください。
また、ご希望の本を朗読する対面朗読サービスも行っています。
小さい文字が見にくい方は、大活字本もご利用ください。

耳のご不自由な方へ

職員が筆談いたします。お気軽にお申し出ください。

お願い

図書館利用上のマナーについて

図書館は、みんなのための公共施設です。だれもが気持ちよく利用できる図書館にしましょう。

館内でのマナー

  • 飲食、携帯電話での通話はリフレッシュコーナーをご利用ください。
  • 机の上に所持品を置いたまま席を離れないで下さい。所持品の管理は各自でお願いします。(無料のコインロッカーをご利用ください)

返却期限を守りましょう

  • 貸出時にお渡しするレシートに返却期限を記載しています。

資料は大切に取り扱いましょう

だれでもきれいな本を読みたいものです。書き込み、付箋を貼るなどの行為は、本が使えなくなったり、次に読まれる方に迷惑がかかります。

資料が破れたら?
そのままお持ちください。図書館で修理します。
資料を無くしたり、使えないくらい汚したり破ったりしたら?
弁償していただくことになります。

郷土・行政資料の収集にご協力ください

倉吉市を中心とした地域の歴史、行政、教育、民俗、文学、産業などあらゆる分野の資料を収集しています。郷土に関する資料をお持ちの方、または印刷物・出版物を刊行された方はぜひご連絡ください。